マイクロフィックス

タップ穴検査、熱処理品質検査、渦流探傷等様々な非破壊検査に多くの実績

日本語

English

2020.09.21

ブログ

突然ですが

突然ですが、私は内燃機関が大好きです。

このような内容では読んでくれる人がいないのではと思いますが、

ここは私の趣味(わがまま)で記事を書かせていただきます。

 

私たちは金属の検査をするための検査器メーカーです。

そのため自動車関係の部品を製造されているお客様からのお問合せが多くなります。

お問合せの際にどのような検査を要望されているのかお聞きして、検査が可能かどうか

検証するために製品をお預かりします。

私も若い頃は2〇-G、4〇-G、C〇18、S〇20(他メーカーのお客様、すみません)など

分解整備しましたので、ある程度は部品について詳しい方だと思っていたのですが、

いまだに「??」や「!!」となる事も多々あります。

例えば上の画像はバルブシートと呼ばれる部品です。

シリンダヘッド燃焼室のバルブの傘が当たる部分に打ち込んである部品ですが、

こちらも弊社の検査器で検査しています。

詳しい内容は書けませんが、この部品も「!!」となった物のひとつです。

その他にもいろいろな部品をお預かりしていく中で、まだまだ知らない事も多いのだと

思い知らされたので、反省するために参考書を購入しました。

購入したのは・・・・・・

 

栄発動機二〇型取扱説明書! 世界に1台しか現存していないエンジンの取説です。

いろいろツッコミどころがあると思います。いいんです、分かってます。

そうなんです、私はただのオタクです。

 

しかし以前あるお客様にこの取説の話をしたら「私も買ったよ。」と・・・・

仲間がいてホッとした瞬間でした。

 

というわけで弊社に問い合わせをして、しつこく部品名など聞いてくる営業がいたら

私だと思って許してやってください。

 

では、お問合せをお待ちしております。