マイクロフィックス

タップ穴検査、熱処理品質検査、渦流探傷等様々な非破壊検査に多くの実績

日本語

English

2021.12.13

ブログ

中二病

弊社のブログは数人で担当しているのですが、そろそろ読者の皆様に書いている人数が

バレてしまうのではないかとハラハラしている今日この頃です。

(そもそも読者などいるのか?とツッコミが入りそうですが……)

 

さて、相変わらずネタが無いのでプライベートから絞り出していきましょう。

 

実は私、最近歯医者さんに通っています。

昨年までは違う歯医者さんにかかっていたのですが、家から少し遠い事と歯茎の腫れが引かない事など

いろいろな事情から、いわゆるセカンドオピニオンなんて生意気な事をしてしまいました。

 

歯医者さん「○○さん、今日はどうされましたか?」

私    「歯茎の腫れが治まらなくて…」

歯医者さん「じゃあ、レントゲン撮りましょう。」

 

レントゲン撮影後…

 

歯医者さん「○○さん、この歯は根っこで割れていますよ。抜くしかないですね。」

私    「えっ!」

歯医者さん「抜いた後はブリッジか入れ歯、もしくはインプラントですね。」

私    「…少し考えさせてください。」

 

結果、抜きました。

〇十年も苦楽を共にした歯が無くなるのは悲しい事ですが、割れているのでは仕方がありません。

今さら悩んだところで状況は変わらないので男らしく決断しました。

 

さて、歯が無い状態では健康上よろしくないので、いろいろと悩んだ結果インプラントに挑戦する事にしました。

(実は中二病が発動して「チタン入っている俺、カッコいい」なんて思った事は内緒です。)

 

インプラントってよく聞きますが、周りで入れているという話は聞いた事がありません。

好奇心旺盛な私はワクワクしながら手術に臨みます。

 

歯医者さん「では、手術始めます。切開。」

助手さん 「ハイ。」

歯医者さん「では2mmの11mm。」

助手さん 「ハイ。」

 

(事前に説明を受けていたのですが、私は下あごの骨がしっかりしているらしく、通常の人は深さ8mmのところを

私は深さ11mmにするそうです。)

 

歯医者さん「次は3.2mmの11mm。」

助手さん 「ハイ。」

 

私の心の声「おおっ!M4の下穴ですね。インプラントってネジになっているのかな?」

 

歯医者さん「えーと、4.5mmの11mm取って。」

助手さん 「ハイ。」

 

私の心の声「えっ!4.5mmの径で11mmの深さって…大丈夫なの?」

(この時点で頭の中で4.5mmのドリルを想像しています。怖っ!)

 

そんなくだらない事を考えている間に無事にインプラントが打ち込まれたらしく、いつの間にか縫合していました。

 

結果…

 

 

(お見苦しい画像ですみません。)

 

はれて改造人間となった私です。(注.インプラントと骨が結合するまで義歯は入りません。)

 

今後は空港などで金属探知機に引っ掛かった時は「ああ、インプラントですね。」なんて

涼しい顔で言ってみたい今日この頃です。

(絶対に検知されないと思いますが…)

 

では、しょうもない事を考えるのはやめて本日も仕事に打ち込みます。