マイクロフィックス

タップ穴検査、熱処理品質検査、渦流探傷等様々な非破壊検査に多くの実績

日本語

English

2022.04.04

ブログ

どよん

去る3月18日、このブログで度々取り上げていた新幹線変形ロボ「シンカリオンZ」のテレビアニメが最終回を迎えました。

息子が好きで一緒に見ていたのですが、終わってしまい、ちょっぴり寂しい、ロス気味な今日この頃です。

 

このシンカリオンZ、テレビ愛知(テレビ東京系列)での放送でしたが、静岡に住む私も見ることができました。

ケーブルテレビのおかげです。

我が家で見られる地上波のチャンネル数は、全部で9個あります。

私が小さい頃、家で見ることができたチャンネルは4個しかなかったのに…

 

現在も私の実家では、民放2局とNHK2局しか見ることができません。

民放2局の内、1つの局はTBS系列のため、残り1つの局でフジテレビ系列と日本テレビ系列、

テレビ朝日系列の番組が放送されています。

「一部地域を除く」という字幕や言葉を耳にしたことがあると思いますが、それに該当する地域です。

24時間テレビは、24時間視聴し続けることができないのです。

今でも「一部地域を…」という表現を目にすると「ドキッ」としてしまいます。

 

3つの系列が混在していることが理由で、ドラマはリアルタイムで見られる方が少なったようです。

(当時は知る由もなかったので)

フジテレビの「げつく(月9)」という言葉は知っていましたが、毎週月曜の夜9時には他局の番組が放送されていたため、

その時間にドラマを見ることはできませんでした。

その月9ドラマは土曜日の16時から放送されていました。

通称「どよん」

そんな呼び方、してはいませんでしたが…

 

今はチャンネル数9個。リアルタイムでほとんどの番組を見ることができます。

幸せなことですね。

 

この小さな幸せをかみしめつつ、久しぶりに仕事ぶりを紹介します。

 

 

上司「渦流探傷器MX-2000S、3台出荷検査よろしく!」

私 「はい、喜んで!」

上司「おっ、威勢がいいね。なんかあった?」

私 「チャンネル数が9個もあるということに感動を…」

上司「はっ?MX-2000Sのチャンネル数は1個でしょ!何を言っているの!?」

私 「…。それでは始めます。」

 

 

私 「基板のチェックを行い、ソフトのインストールも完了しました。」

上司「OK、これが今回出荷するセンサ。」

 

 

私 「おっ、3台の内1台はL字型のセンサを使うのですね。」

上司「そう。検査するワークの形状や条件を考慮したらこの形がベストなの。」

私 「さすがです。お客様の気持ちになって考え、最適な提案をし、納得してもらった上で

購入していただけるのですね。勉強になります。」

上司「なんだ、そんな事言っても何もあげないぞ。やさしくもしないぞ!」

私 「…。センサのチェックを行います。」

 

 

上司「どう?おっ、波形はきれいに出ているようだね。」

私 「はい、回転させたワークから割れをしっかり検出できています。問題ないです。」

上司「よし、出荷しよう。送り先は2箇所。間違えないように。」

私 「承知しました!今回はセンサもそれぞれ違うので、中身がわかるよう梱包します。」

 

 パシャパシャ、パシャパシャ…

 

上司「何をしているの?」

私 「写真を撮っています。」

上司「そんな事はわかっている。なぜそんなにたくさん撮っているかを聞いています!」

私 「いや、せっかくなのでこの3台を綺麗な形で残しておきたいと思いまして。

両端の2台を内側にちょっと向けるといいかなと考えているのですが、どう思います?」

上司「……。早く梱包しなさい!」

 

今日も楽しい現場からお送りしました。