マイクロフィックス

タップ穴検査、熱処理品質検査、渦流探傷等様々な非破壊検査に多くの実績

日本語

English

2022.07.18

ブログ

NEW

あい

上司「おっ、地道にデータをとっているようだね。どう?」

私 「言われたとおり、いろいろな設定で細かくデータをとっていますが、まだ結論は出せないです。」

上司「そうか、もう少しかかりそうだね。頑張って。あっ、もしかしてめんどうくさいって思ってる?

なんでお前がやらないんだとか思ってる?」

私 「そっ、そんな事あるわけないじゃないですか!」

上司「ですよね、ちゃんと考えた上で依頼しているのだから。こういう経験をすることがすごく大事で、それがお客様への…」

私 「はい、ごもっともです。大丈夫ですよ。私、地道にコツコツ取り組むことは嫌いじゃないんですよ。

小学生のときは、『タクシュウ』で何度か表彰されたんですから!」

上司「タクシュウ?何それ?」

私 「えっ、ノートに1日1ページ分の何かしらの勉強をして、それを次の日、宿題と一緒に先生に提出するアレです。」

上司「なかったよ、そんなの。あっ、もしかして自主学習の事?けどノートを提出とかしてなかったけどな。」

私 「自宅学習。略して『たくしゅう(宅習)』です。あっ、もしかしてこれも私の地元しかないもの…?」

上司「ですね。ホント次から次にどんどん出てくるな。」

私 「…。まー、この『宅習』のおかげで、今の仕事もできているという事で。

〇〇さん(上司)の厳しいしごきにも耐えられているわけで。」

上司「なに!?あふれんばかりの優しさで満ち溢れているとみんなからよく言われる私が、

愛を持って指導をしているというのに、何か不満があるの?」

私 「あい?えっ、あっ、ないです。感謝の気持ちでいっぱいです!」

 

 

『宅習』ってみなさん知らないものなのですね。

ということは、『宅習』と一緒に取り組んでいた『よみごえ』も?と思って調べて見たら、『音読』でした。

『よみごえ(読み声)』とは、国語の教科書を『音読』することですから、納得です。

なぜわざわざ『読み声』と教えられてきたのは謎ですが…。

 

息子が毎日学校に提出しているファイルを見ると、『おんどく』、『すすんでしたべんきょう』

の項目がありました。毎日の学習としてやっている事は、今も昔も変わらないようです。

ただ、この『すすんでしたべんきょう』は勉強した内容を書くだけで、先生に提出する必要はないとの事です。

 

確かに、先生が宿題以外のものまでチェックするのは大変だと思います。

私が小学生のとき、『宅習』を毎日見てくれて、励ましてくれた先生には、愛を感じますし、

本当に感謝の気持ちでいっぱいです!

 

 

その息子が牛乳パックに入れた朝顔の苗を学校から持って帰ってきました。

可能であれば、家で育ててみてと先生から言われたそうです。

 

翌日、妻がプランターと支柱的なものを買ってきました。

 

 

朝顔の観察、スタートです。

 

 

プランタに移して7日目です。葉っぱがだいぶ増えてきました。

 

 

14日目。つるが伸びてきました。

 

 

23日目。とうとう一輪咲きました。紫がかった赤色の花です。

 

 

 

25日目。紫がかった青色の花の登場です。

 

 

30日目。たくさん花が咲きました。

 

 

朝顔の花言葉は、『愛情』、『結束』です。

『愛』を持って接する、それはのちのち『結束』することにもつながります。

 

うまくまとまったところで、本日はこれにて失礼致します。